太田ゆかりプロフィール

太田ゆかり プロフィール

生い立ち

昭和38年3月、太田順敞(のぶひさ)の第二子長女として、鳥取市に生まれる(兄順康(よりやす・昭和35年生まれ)、弟順就(じゅんじ・昭和44年生まれ)の3兄弟)。祖父・太田義人(よしと・剣道範士九段)のもと幼少のころから竹刀を握る。そのかたわら伯母・太田瑛子(てるこ・華道教授)の影響で華道・茶道をたしなむ。


経歴

  • 鳥取県立鳥取西高等学校附属久松幼稚園
  • 鳥取市立久松小学校(ガールスカウト入団)
  • 鳥取市立北中学校
  • 鳥取県立鳥取西高等学校
  • (母・千世子のテニス姿に憧れ中学校でソフトテニス部に入部。高校3年まで続ける)
  • 武庫川女子大学短期大学部卒業
    (くにびき国体「なぎなた演技の部3位」をはじめ全国入賞。
     1987年米国なぎなた連盟訪問、鳥取県スポーツ敢闘賞ほか受賞。
     平成5年錬士を授与される)
  • 鳥取市議会議員

(NPO市民文化財ネットワーク鳥取における活動)

2001年8月
「武家屋敷保存ネットワーク」保存運動開始
2002年11月
「市民文化財ネットワーク鳥取」設立
討論会「鳥取と文化財」開催
2003年2月
大工町通りの道路拡張工事に伴って壊されつつある青木邸の調査
2003年3月
県民文化会館フリースペースにおいてパネル展示「市民と文化財」
市議会に「市民文化財ネットワーク鳥取」として緊急請願→趣旨採択
2003年5月
岡崎邸の建築年代並びに建設当初の姿を推測させる古文書発見
東町郵便局においてパネル展示「鳥取の歴史散策路」
歴史散策路による鳥取ルネッサンス計画発表
2003年6月
とっとり「古地図」で城下町めぐり 鳥取・文化財オリエンテーリング開催
2003年7月
大工町「虎尾邸」「石谷邸」調査
2003年8月
鳥取県民文化会館「歴史の散歩道」パネル展示
2003年9月
鳥取を考える緊急フォーラム「今すぐ考えよう旧岡崎邸、池内邸」開催
2004年4月
市民文化財ネットワーク鳥取をNPO法人とする
2004年10月
鳥取県景観まちづくり研修会 鳥取市山の手地区
2004年11月
鳥取県景観まちづくり研修会 大山町所子地区
2004年12月
鳥取県景観まちづくり研修会 若桜町若桜宿地区
2005年
鳥取市山の手地区悉皆調査
2005年12月
鳥取県景観まちづくりセミナー 日野町根雨地区
2006年3月
鳥取県景観まちづくりセミナー 若桜町若桜宿地区
2006年
鳥取市立川地区悉皆調査
2006年10月
鳥取県景観まちづくり塾 倉吉地区
2007年2月
鳥取県景観まちづくり塾 若桜町若桜宿地区
2007年5月
NPO市民文化財ネットワーク鳥取 鳥取県景観整備機構となる
2008年4月
日本の知が集う若桜フォーラム-みんなの宝・若桜鉄道-開催
2008年6月
若桜鉄道、国の登録文化財指定
2009年4月
岡崎邸の所有者が変わり、岡崎邸の解体を開始
2009年6月
1万人署名を添えて鳥取市議会に岡崎邸現地保存を陳情
2009年6月
市議会、陳情を不採択決議
2009年7月
鳥取県知事に鳥取市議会議決不服の審決を申請
2009年7月
鳥取県知事審決、市議会議決に違法性はないが、
岡崎邸保存運動に対する市の対応に疑義を示す付帯意見。
2009年10月
岡崎邸購入
2009年9月
若桜氷ノ山茅場再生事業の開始
2010年3月
調査報告・討論会「皆で修復活用しょう!岡崎邸」
2010年7月
転法輪寺 国登録文化財
2010年11月
山陰信販地域文化賞受賞
2010年11月
太田ゆかり鳥取市議会選挙に立候補 当選

役職

  • 有限会社「和光武道具」取締役
  • 「NPO市民文化財ネットワーク鳥取」事務局長
  • (「旧岡崎邸」保存運動など鳥取の歴史文化遺産を活用し、うるおいのあるまちづくりを目指す市民団体)

  • 一般財団法人「尚徳会」理事
  • 鳥取市なぎなた協会 理事
  • 鳥取更生保護女性会 会員
  • 浩の会 理事(ボランティア団体)
  • 郡山友の会 会員
  • 長田神社 総代
  • 元東町1丁目町内会 会長
  • 東町1丁目自主防災会 委員

歴任

  • 鳥取県立武道館 専任講師
  • 鳥取市 生徒指導相談員
  • 鳥取市立久松小学校育友会 幹事
  • 鳥取市立北中学校PTA 副会長
  • 鳥取市観光資源活用懇談会 委員
  • 鳥取市歴史的建造物検討委員会 委員
  • 鳥取市砂丘観光推進部会 委員
  • 鳥取市議会 文教経済委員会 委員
  • 鳥取市議会 福祉保健委員会 委員